断熱素材を用いる

効果や注意点について

トイレ

窓の断熱は、部屋の熱効率を上げるためにとても重要です。部屋の熱は大半が窓から逃げてしまうといわれています。最近ではペアガラスの採用が多いため断熱の性能は高くなってるのが特徴です。築年数が古い住宅の場合は、リフォームとして窓の断熱を取り入れることによって性能を高めることもできます。窓の断熱を行う場合は、窓の形状によって取り付けれる器具とそうでないものがあるので注意が必要です。窓の断熱は結露を防ぐためにも必要不可欠です。業者によって価格や断熱効果が異なるので、いくつかの業者の見積もりを比較検討することが重要です。窓ガラス自体を交換する場合は遮熱効果の高いものや結露を軽減するガラスを選ぶとより断熱効果が期待できます。

断熱の種類とメリットについて

窓の断熱としてはガラスの性能を高める方法とサッシを樹脂などに変えてサッシ自体からの熱伝導を妨げる方法があります。サッシをアルミから樹脂に変更するだけで暖房効率が一段と高くなりますので光熱費が抑えられます。現在のものに追加で取り付けることができる内窓というものもあります。内窓を断熱効果の高いものにすることによって外からの冷たい空気や暖かい空気を遮ることができます。追加で取り付けるため費用を安く抑えられます。リフォームの場合は住宅エコポイントの申請の対象となる場合がありますので事前に確認が必要です。他にも断熱シートを張るタイプの簡単なリフォームもあります。どのタイプが自分に合っているのかをよく比較検討することが重要です。